2016年6月16日木曜日

体のサインは 見逃さないように

二つのホルモンの重要性について書いてみました!

子宮や乳房だけでなく、感情や皮膚、胃腸、骨、関節、脳の働きにも影響を与え、一か月の間に、体調の浮き沈みがあるのは、このホルモンの分泌の変化です。


卵胞ホルモンの特徴は
□女性らしさを作る
□血管を強くする
□骨を強くする
□髪をつやつやにする
□物忘れを予防する
□善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす。
□代謝を促す。
□肥満を予防する。


黄体ホルモンの特徴は
□子宮内膜や子宮筋の働きを調節する。
□乳腺を発育させる
□血糖値を正常にする
□体内の水分量を整える
□利尿作用がある
□食欲を促す
□眠くなる
□イライラする。憂鬱になる。




女性ホルモンには、二つありますが、その一つの「卵胞ホルモン」は女性らしさを作るホルモンで思春期からの分泌が盛んになります。


気持ちを明るくしたり、肌をきれいにしたり、さらに髪に艶与え記憶力を高めてくれます。

また、骨を強くして、皮下脂肪の再生を抑えてくれる働きもあります。

次に「黄体ホルモン」は子宮内膜のコントロールを整える働きをします。

そのため、体内の水分をキープしたり、食欲を旺盛にしたりする働きもあるのが特徴です。


この様に、自分の体は想像以上に複雑で、無理を募ると心身のトラブルに体がついていかないことも招きます。


上手に味方につけより良いパフォーマンスを目指しましょう!




女性特有の体のつらい悩みには、 ホルモンの分泌調整 


ご質問・ご予約はお気軽に(^^♪

              ホルモン分泌調整
月経困難症(おなかが痛い・腰痛がひどい・頭痛・吐き気)
鎮痛剤が効かない・月経の量が多い・日数が長い・過少月経・過短月経・頻発月経・稀発月経・無月経症候群・PMS 

骨盤矯正
(・骨盤矯正・そり腰・腰痛・頭痛・内臓下垂・食欲調整・生理不順・
出尻・ヒップアップ・冷え・むくみ・リフトアップ・ダイエット・姿勢矯正・)

産前整体・マタニティーケアー
(産前特有の腰痛・食欲不振・足の冷え・むくみ・骨盤の痛み・肩こり)

産後・骨盤美容矯正
(尿モレ・恥骨痛・腰痛・頭痛・産後疲れ・睡眠不足・産後太りダイエット
・垂れ尻・骨盤低筋強化・恥骨筋強化・)

O脚・X脚/骨盤矯正 プログラム
(O脚・X脚 矯正・骨盤矯正プログラム)

       ※お子様連れ可能です。事前にご連絡ください。


 ホームページはこちらから

0 件のコメント:

コメントを投稿