2016年6月3日金曜日

今の時期のたんぱく質とビタミンC

身体に必要な栄養素がきちんと摂られていいなければ、身体の健やかさは保てません。

 一見豊かに見える現代の食環境ですが実はかなり問題あり。

 栄養素として欠かせないのは、人体の水分を除いた2分1のたんぱく質。  


なるべく早い時期に栄養についての正しい知識を得よい食環境を確立することは、身体と心の栄養を補うことが出来ます。


たんぱく質として上げられるのは、ささみ・豆腐・納豆・高野豆腐。 ついつい、ご馳走~!!

とお肉を食べてしまいがちですが、 動物性脂肪が多く含まれるお肉は、老廃物が残りやすく活性酸素が発生しやすい性質があるので控えめにすることも必要です。

今の時期次に気をつけなければならないのは、気候によるストレス。

 気候によるストレスは自律神経系に影響を及ぼし、身体のそのためアレルギーや肌の抵抗力、身体の免疫力が落ちるなどの症状が出てきます。

 重要な栄養素として、46種類の必須栄養素(ビタミン・ミネラル類)です。 なかでも、ポピュラーな栄養素のビタミンCは、今の時期 体内の免疫を高めることに優先して使われなかなか肝機能の改善や肌細胞の育成・肌の新陳代謝を高めるほうへは使われません。 

意識してたっぷり摂ることは、健康への一番の近道です。

0 件のコメント:

コメントを投稿