2017年5月18日木曜日

ゆがみ矯正 カラダと 生理に まつわる話

こんにちは!六甲整体院の松田です。

私たちが当たり前に迎えている生理。

いつものこと・・・と、

以前に少しお話したことがありますが、女性が生理を迎える回数は以前に比べてぐんと増えています。

出産回数がぐんと少なくなり、妊娠 授乳期間の 子宮を休める期間が少なくなっている為、平均12歳~51歳の40年間で、450回から500回。

これは50年前と比べると、約10倍の回数に あたるそうです。

生理期間が長くなることで婦人科系トラブルが、増加傾向にあると言われています。



10代から20代前半

子宮はまだ小さく卵巣の機能もまだ発達していない状態。
生理が来ても数年間はまだまだ不安定です。起き上がれなくなるほどの下腹部痛や腰が痛む月経困難症がよく見られるのもこのころ、18歳ごろになるとだいたい周期が整い始め、周期が安定します。


20代後半から30代前半

女性ホルモンの分泌量も安定し、子宮も10代のころに比べると2倍ほどの大きさに成長します。妊娠に最適と言われるのもこの時期ですが、就職や職場の変化や、社会的なストレスも多い時期で、月経不順や、過少月経など生理トラブルが起きる時期、子宮の圧迫から症状が悪化することもあります。できるだけホルモンのバランスを乱さないよう規則正しい生活、骨盤のポジショニングを心がけたい時期です。


30代後半から40代

子宮は徐々に小さくなり、女性ホルモンは減少するといわれています。
それと同時に子宮全体も小さくなるのがこの時期です。40代後半になると生理の量や回数は減っていきます。この時期は、職場での昇進や、親の介護、家族の世話など様々なプレッシャーを抱えることが多いもの。下腹部の脂肪は取れにくくなります。
ストレスをため込まないことが、骨盤や背骨は柔らかくしておくことも重要です。



閉経前後、更年期症状

心身ともに様々な不調が現れる時期です。
不眠やイライラ等の不調が起こる時期です。このホルモンの急激な減少の影響を受け自律神経の乱れが現れるのもこの時期です。無理のない生活とアンチエイジングを心がけましょう。











この様なお声もいただきました💓






         本日も良い日でありますように☆☆☆


骨盤矯正クーポン用意してます、是非是非、ご利用ください!



お気軽にご相談ください。

今月号にも掲載中!!気になるメニューはこちらをクリック!!

☆お知らせ
☆六甲整体院 LINE ページ 出来ました!!☆

LINE友達登録で 初検料¥2100 OFF!!
+アフターケアー指導プラン😀
ブログ画像 


今ならお得!!
“ブログみました”と入力ください😀

  LINE友達登録
是非お待ちしています!!



 いつもご覧下さりありがとうございます。

========================================



早期発見、早期解決!
ご質問、ご予約は、お気軽に!! 

       ※お子様連れ可能です。事前にご連絡ください。

 ホームページはこちらから

  スマホ版 ホームページはこち

    お問い合わせ&ご予約 心よりお待ちしています!!






TEL/FAX 078-856-0121
E-mail: info@rokkouseitai.com
受付時間:火~土9:00~20:00 日・祝9:00~18:00
定休日: 月曜日



0 件のコメント:

コメントを投稿